東京外国語大学銭湯同好会

入船湯@八丁堀



こんにちは。毎度お馴染み東京外国語大学銭湯同好会代表の辻慎太郎です。 今回、私たちは新富町・八丁堀の入船湯に行ってきました。当初は銀座の金春湯を訪ねる予定でしたが、行ってみると残念ながらお盆休み中。付近の銀座湯もお休みで、急遽入船湯に行くことを決めたのでした。
私たちが八丁堀の駅を出たのは6時半すこし前。地図を見ると、それほど遠くない場所に入船湯があるのがわかりました。
しかし、どうも様子が辺です。地図上に表示されている場所を見ても、ビルしか見当たらないのです。煙突がないのはともかく、銭湯組合のマークも見当たらないし、あるのはビルの入り口…入り口?
そうです、それが銭湯の入り口だったのです。鉢植えがなければ地下鉄の出入り口と間違えそうな見た目の階段を下ると、下駄箱が見えてきました。中はいたって普通なので、なんだか不思議な感じです。
肝心のお湯は44度くらいでしょうか、蒸気を浴びているだけでも汗が滲むようでした。地下ゆえ天井も低く、しかし居心地は悪くない不思議。地上にあろうが地下にあろうが銭湯は銭湯なのだ、と感じる探訪でした。

(3年 辻)


入船湯
住所:中央区入船3−6−14
営業時間:15:00~23:00(土日祝は10:00~)
定休日:木曜



(上記の情報は、2017/8/26現在の情報です。)

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system