東京外国語大学銭湯同好会

初夏の銭湯ツアー2017in深川



銭湯同好会代表の辻です。今日は私から、6月18日に開催された銭湯ツアーの様子をお届けします!
場所は江東区・深川。滝沢馬琴や伊能忠敬が暮らした土地としても有名ですね。
  さて、12時になる少し前。一同は門前仲町駅に集合し、まずは深川めしで腹ごしらえをしました。深川といえば、やっぱりこれは欠かせません。身が大きいあさりでいっぱいの、なかなか食べ応えのある深川めしでした。
  つづいて富岡八幡宮へ行ったのですが…あれ?なんだかおかしいぞ。それもそのはず、なんと改修中だったのです!あちゃー。八幡宮は、在りし日の写真を使ったシートですっぽり包まれているという有様でした。「これはこれでレアなものを見ることができたし、いいんじゃないですか?」と、部員たちが言いました。彼らのポジティブさに、私はどんなに救われたことでしょう。もちろん、ここにあったのは建物だけではありませんでした。八幡宮のまわりには石碑がいっぱい。よくよく見ると、相撲や伊能忠敬など、この地にゆかりのあるものがずらり。特に力士の手形が彫り込まれている石碑は圧巻です。ぜひ一度、ご自身の手と比べてみることをお勧めします。
  だんだん黒い雲が空に広がり始めた頃、次に向かったのは深川不動尊。恋愛みくじを引いて盛り上がっていると、ぽつ、ぽつ、ぽつ…。雨が降ってきてしまいました。本当は清澄庭園なども見たかったのですが、断念して深川江戸資料館へ。
途中参加のメンバーとも合流し、資料館に到着すると、今回の目玉の一つ、落語を上演し始めたばかりでした。留学生2人には少し難しかったようですが、合間合間に説明をすると、笑って観てくれました。
  資料館自体も非常に充実しており、建物に上がったりすることはもちろん、レプリカの野菜や傘、蓑などに触れることもできました。解説員さんのユーモアあふれる語り口には一同笑いっぱなし。落語に連なる話芸の伝統はこんなところにも根付いているのでしょうか。
  最後は資料館からすぐのところにある銭湯、辰巳湯さんでまったり。奥の方に休憩室があり、テレビが置いてあるという面白い作りの銭湯でした。
  ところどころ雨に見舞われたものの、よいツアーになりました。またこのあたりをぶらぶらしたい、そんな風に思いつつ私たちは街を後にしました。

(2017.6.18)


辰巳湯
住所:東京都江東区三好1-2-3
営業時間:火~金 15:00~24:00 土、日 13:00~24:00
定休日:毎週月曜日



(上記の情報は、2017/7/22現在の情報です。)

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system